遠州・浜名湖天然物佃煮「はぜ甘露煮」

「はぜ」の甘露煮は、成長が早くすばしっこい魚であることから、餌を見つければ必ず口に入れてしまう習性がある特徴から、すばやく目標を達成させるといった意味でのお正月の縁起物として用いられます。
そのお正月の縁起物として重宝される甘露煮についてお知らせ致します。
当店のはぜの甘露煮の製造工程は単純でありながら一手間一手間をおしまず、代々教わって参りました伝統的製法で炊き上げております。

入妻で受け継がれてきた「はぜの甘露煮」づくり


写真(1)のように一匹一匹のはぜのはらわたを気の遠くなるような作業ではございますが職人たちの手で取り出します。
先にも申しました通り目に入ったものをすぐ口にする習性より、餌の小魚など丸呑みにしている場合が多いため、この作業はどうしても欠かせない大切な作業となります。この時、子(卵)をもったはぜもいるので一緒に出てこないように気をつけます。

当店のはぜの甘露煮は、はぜのお腹に小さな穴が開いているのが特徴です。



はらわたを出した「はぜ」を一度洗った後今度は写真(2)のように串に刺し、写真(3)ように一時並べておきます。その後、今度は水気を切るために日陰で干します。


写真(4)のようにまるではぜのカーテンができます。


程よく乾燥したら今度は写真(5)のようにお腹側と背側に焼き目を入れます。
尻尾まで焦げないよう、またお腹を出してある為に折れやすくなっているので
折れてしまわないよう特に気をつけます。

写真(6)のように大鍋にきれいに並べて、時間をかけてゆっくりじっくりと炊き上げ、『はぜ甘露煮』が出来上がります。

はぜ甘露煮


大き目のはぜのはらわたを一匹一匹こまめに取り出した後、日陰干しして焼き目を付け、ことこと時間を掛け骨まで柔らかく炊き上げた、昔ながらの一品です。

商品名

はぜ甘露煮

価格

100g当たり(税込価格):540円

備考

表示価格は税込価格です。別途送料、代引手数料がかかります。
ご利用機種のセキュリティレベルにより、自動返信メールが届かない場合がございますので、ご了承ください。

×完売いたしました

053-447-1022